第55回日本学生科学賞の入賞者が決まりました。入賞者は下記のとおりです。

<高等学校>
内閣総理大臣賞
「ヨーグルトによる発電の機構」堀内 遥加 (長野県屋代高等学校3年)  [ISEF派遣候補]
文部科学大臣賞・個人
「キイロショウジョウバエの眼色色素」宇賀神 希 (埼玉県立川越女子高等学校2年)  [ISEF派遣候補]
文部科学大臣賞・共同
「ゼニゴケの表裏の分化について」名古屋市立向陽高等学校SSクラス309ゼニゴケ研究グループ [ISEF派遣候補]
環境大臣賞
「カクレクマノミの粘液の秘密」愛媛県立長浜高等学校チーム・ニモ
環境大臣賞
「富士火山溶岩流シミュレーション」松井 信太郎 (静岡県立富士高等学校2年)
科学技術政策担当大臣賞
「グラスハープの音階と振動の研究」北海道札幌北高等学校物理化学部
全日本科学教育振興委員会賞
「トンボ相の多様性の変動」北海道札幌旭丘高等学校生物部
読売新聞社賞
「蹴上がりの研究」山口県立山口高等学校蹴上がりの研究班
科学技術振興機構賞
「新しい意識調査の開発」 池澤 匠 (東京学芸大学附属国際中等教育学校1年) 
日本科学未来館賞
「銅(I)水酸化物と光沢銅樹生成」宮城県仙台第二高等学校一価銅研究班
旭化成賞
「ゴム膜の選択透過に関する研究」大山 暁人 (八千代松陰高等学校2年)
読売理工学院賞
「アオコの凝集・浮上・除去方法の開発」清風高等学校生物部

<中学校>
内閣総理大臣賞
「ナミテントウは悪い虫?」村田 篤志 (つくば市立谷田部東中学校3年)
文部科学大臣賞・個人
「シャトルの羽根はなぜ必要?」篠原 梨菜(川崎市立高津中学校3年)
文部科学大臣賞・共同
「金管楽器は何故あの音が出るの?」 牛久市立下根中学校牛久下根シスターズ
環境大臣賞
「サヤミドロはイネにとって有益か」甲賀市立甲南中学校科学部
環境大臣賞
「Tsunami」大塚 有莉(可児市立中部中学校2年)
科学技術政策担当大臣賞
「未来の生物を現代に」朝倉 源気(久留米大学附設中学校3年)
全日本科学教育振興委員会賞
「なぜ人の目で光条が見えるのか」西尾市立鶴城中学校科学部光条班
読売新聞社賞
「シュークリーム 空洞ができて膨らむ条件」由利本荘市立出羽中学校科学部シュー班
科学技術振興機構賞
「壁を登る動物の足のつくりの研究」八丈町立三原中学校サイエンスクラブ
日本科学未来館賞
「水がねじれる秘密」刈谷市立富士松中学校科学部 ねじれ班
旭化成賞
「クモに会いたい!?此彎掌融堽第六中学校クモ研究グループ
読売理工学院賞
「岩黒島の岩石の研究 供弸篏仍堽岩黒中学校科学クラブ

<学校賞>
岩手大学教育学部附属中学校
滋賀県立膳所高等学校

<指導教諭賞>
加納 義彦 (清風高校)

※このサイトは、NPO法人日本サイエンスサービスが運営する応援サイトです。公式サイトではありません。
| お問い合わせ |